menu
NPO法人チャイルズ
ホーム   ダイジェスト   就学前分科会 11月10日(木)

就学前分科会 11月10日(木)

2016/12/04

就学前分科会に参加しました。

私は年中の息子の就学について悩んでいたので相談しました。

参加するまでは保育所の隣の小学校は保育所の友だちの殆どが入学する。15人ほどの少人数なので本人が友だちを認識できて関われる。環境の変化が苦手な子なのでクラス替えによる本人のストレス・友だちとのトラブルを回避できる。インクルーシブ教育と支援級がほぼ存在せず普通学級で過ごす事になるので複数担任であり、先生の対応が適切である。というのは重要。と家から自転車で20分程離れているけれども越境入学させたいと思っていました。

が、分科会でその話をすると、少人数すぎるのもよくない。環境の変化が苦手なのならなおさら小学生のうちにクラス替えなど環境の変化に適応する力を身につけたほうがよい。中学校になると教科毎に担任や教室が変わる。それに適応できなくてパニックを起こされると手に負えない。小学生の手に負えるうちにパニックを起こしてでも適応力を育てたほうがよい。加配の先生も多い方が良いように感じるが実はそうでない。障害が軽度であれば「わかりません」「教えてください」という力を育てるのが大事。加配の先生がいれば違うページを開けていれば違うよと教えてくれる。そうすれば指示待ちの子どもが育つ。また支援校ではなく地域の学校に通わすメリットは地域の人たちが子どもの事を知っていてくれる。その事は何かあった時理解してくれる助けてくれる。ということ。自転車で20分の距離では地域の学校に通わせている意味がない。またそれだけ遠ければ毎日送迎しなければならない。近ければ自力通学出来るのに。出来る自立を妨げてはいけない。とビクさんにアドバイスをしてもらいました。大変勉強になりました。ありがとうございました。

ritu

Ritu


2020/03/02

講演会情報

3月3日の講演会 中止

2020/02/22

活動報告

2月20日(木) 軽度分科会

2020/02/09

活動報告

1月28日(火)新年会ランチ

2020/02/01

活動報告

1月24日(金) 就学前分科会

2020/01/28

知っ得情報

西成区民センターに伊丹先生

2020/01/26

知っ得情報

ガイドヘルパー研究会

NPO法人チャイルズ

552-0003 大阪府大阪市港区磯路2丁目12 1号棟-118号室
TEL/FAX 06-4977-5131
MAIL/

NPO法人チャイルズ

NPO法人チャイルズ
  • お電話でのお問い合わせ

    不在の場合は留守番電話に
    メッセージを残してください

  • メールでのお問い合わせ